探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われな

探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
心から信用のできない人間と一生を共にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できるわけです。しかし、浮気をしている日時が把握していても、顔見知りにいって写真を撮るようにすると、多くが失敗するに違いありません。
ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。調査内容によって変わってくることはありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを行う場合が多いです。
浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画を立てて調査員の数などの詳細を決めていきます。
興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言っても言い切れます。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな同じような仕事内容です。
ただ、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。
また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要です。無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。