事前に成功報酬と言われていても、例えば

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、調査期間が3日間しかなかったとしたら3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功ということになるでしょう。
実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気とは分からないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬としての料金を請求されます。探偵の浮気調査の場合でも失敗したりするようです。探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗しない保証が少なからずあります。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。
それに、浮気調査実施中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を入手しようがないです。法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者ではない人と性的関係になることを不倫といいます。
すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。
妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうストーリーもよく使われます。浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。
離婚も辞さない覚悟なら、取っていい行動といえるかもしれないです。
尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。
そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットのある依頼になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です